ヘッドラインNEWS

リンクブログさんの記事

カテゴリー :その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【衝撃の事実】アメリカのハーゲンダッツはなんと2リットルで300円!

1:名無し募集中。。。:2012/06/24(日) 07:54:59.53 ID:0
よく食べるアイスは何?
【画像】アメリカのハーゲンダッツ

アメリカは世界一のアイスクリーム消費国。
大人も子供も、アイスクリームが大好きで、毎日よく食べます。

スーパーには1/2ガロン(1.9l)、1パイントなどの大きいサイズのパッケージがズラリと並び、広いスペースを占めています。最近はヘルシー志向から、低脂肪・無脂肪のアイスクリームも登場、人気を呼んでいます。

アメリカのアイスクリーム市場は、年間生産量が592万7,087Kl、日本の約6倍強と、世界一を誇っています。 一人当りの消費量は年間24Lにもなり日本の約3倍の量を消費しています。
一方、販売高でくらべてみると、日本の約1.5倍になり、アイスクリームの価格は日本に比べてグンと安くなっています

日本アイスクリーム協会
http://www.icecream.or.jp/data/03/world01.html

続きを読む »

【漫画】 美味しんぼを参考にして失敗した経験

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 10:13:00.17 ID:qZqWdQHo0
何でも料理で解決出来ると思ってた
oisinbo20120623.jpg
グルメネコ 漫画「美味しんぼ」は1980年代のバブル絶頂期にグルメ漫画の先駆けとして連載が開始され、主人公の山岡士郎やその父で美食家の海原雄山の歯に衣着せぬグルメ談義が話題となりました。

原作者の雁屋哲さんもグルメや食の安全以外にも現在の日本の政治を批判するなど漫画の登場人物同様に歯に衣着せない発言が有名です。

1988年にアニメ化、その後も度々スペシャルドラマが制作され現在も漫画は連載中です。
アニメ化された時には山岡や雄山のマネをしてグルメを語るあまり可愛げのないガ… お子様が街にあふれたとか、なんとか…

その美味しんぼも長く連載を続けてると「これはちょっと違うんじゃないの?」とか、「絶賛してるけどあんまり美味しくなかった」とかいうネタもあるようで、今回はその辺の話です。元ネタなどを調べたい時は以下のブログで詳しくまとめてくれてるので、そちらをご覧下さい。

関連ブログ : 美味しんぼ塾ブログ
以下、2chでの反応をご覧下さい。

続きを読む »

胃に優しい食べ物教えて

1:名も無き被検体774号+:2012/05/12(土) 11:57:28.57 ID:1fGZDLgDi
仕事で胃痛がやばいんだ…
ご教授頼む
omoyu20120620.jpg

続きを読む »

秀逸な豆腐のパッケージ画像

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 20:09:17.01 ID:abfL/qnn0
男前豆腐店をはじめとした豆腐の画像

コラでもいいから貼ってけ

続きを読む »

外国人が驚愕した日本の奇妙な食べ物 トップ10

1: スナドリネコ(岡山県):2012/06/15(金) 21:30:57.61 ID:z9NhCoYr0
★ここが変!外国人から見た「日本の奇妙な食べ物」トップ10

1位:肉味のアイス

「日本には牛タン、馬刺し、そして手羽先のアイスが信じられませんが、実在しています。馬ですよ、馬!これを許せる理由がみつかりません。牛タンはよく食べられていますから、いいとしても、でも馬は日本人以外には無理なはずです。しかもアイスの意味がわかりません」

2位:うなぎのソーダ

「うなぎの炭酸飲料、意味が分かりませんが心配することはありません。日本ではうなぎは珍味、しかしこれをドリンクにするのはいかがなものでしょうか。裁判所が許しても神が許さないでしょう」

3位:焼いた子ガニ

「大量に袋詰めされた子ガニたち、きっと家族ガニと一緒にいるところをつかまって、焼かれてしまったのでしょう。残酷すぎて、気が滅入ってきました」
201205211011_308_6.jpg
■4位:変な味の『ペプシ』
「スナックと同じようにドリンクでも目を引くには、目新しいフレーバーが必要です。これはペプシほどの巨大企業でも同じこと。
ヨーグルトやキュウリ、シソ味などの、日本限定のフレーバーが発売されています。
もちろん大人気となることはありませんでしたが、ペプシはコカ・コーラに次ぐ第2位の企業。これからも挑戦は続くでしょう」

■5位:帆立マヨネーズ味のチップス
「これはちょうど、驚きと賞賛のちょうど中間のようのものです。日本のお菓子市場は巨大なので、巨額のマーケティング費用でもなければ目立つことはできません。ですからこうした奇妙なフレーバーをリリースするしかないのです」

■6位: カレー味のラムネ ■7位:ふわふわクリームの『コロン』
■8位: 汗がバラの香りになるガム ■9位: チーズドリンク
■10位:甘いか太郎

ソース : http://www.biranger.jp/archives/43332

続きを読む »

最近の記事
人気記事ランキング TOP 10
ヘッドラインNEWS
ブログパーツ
最近の記事
ブログ情報
このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
スポンサーサイト
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
リンクサイト
相互リンクサイト募集中!
 ⇒ こちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。