ヘッドラインNEWS

リンクブログさんの記事

カテゴリー :お酒

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本酒メーカー、この10年間で74社が倒産 そのうち7割超が業歴100年以上の老舗企業

1: マーブルキャット(埼玉県):2012/06/12(火) 11:16:49.85 ID:y3OEfo30P
東京商工リサーチによると、2005年9月から酒類販売が全面自由化され、
従来の酒屋のほかにスーパーやコンビニでも酒類が販売されるようになり、
売れ筋が高いブランド力や知名度を持つ有力商品に集中する傾向が強まったという。
同社はこのような流通の変化が、「地元中心に展開してきた中小メーカーが
淘汰に追い込まれた原因の一つに挙げられる」
と分析している。


10年間に倒産した74件の日本酒メーカーのうち、創業年が確認できた71社を見ると、最も多かったのは「100年以上150年未満」で30社(42.2%)。以下、「50年以上100年未満」が16社(22.5%)、「150年以上200年未満」が9社(12.6%)と続いた。また、「業歴300年以上」は2社、「200年以上300年未満」は11社で、業歴100年以上が7割強(73.2%)の52社となり、老舗企業の倒産が目を引く結果となった。なお、平均業歴は140年だった。

倒産した日本酒メーカーの倒産直前と10年前の売上高を比較した場合、売上高が判明した51社では「50%以上減」が19社(37.2%)と最多。
次いで、「30%~50%未満減」が17社(33.3%)、「10%~30%未満減」が9社(17.6%)で、売上高が3割以上落ち込んだメーカーが70.5%を占めた。一方、売上高が増加したのは5社(9.8%)にとどまっている。
倒産メーカーのうち直近売上が判明した65社について売上高を見てみると、最も多かったのは「1~2億円未満」で19社(29.2%)。以下、「1億円未満」が18社(27.6%)、「2~5億円未満」が17社(26.1%)と続いた。

74社の倒産原因は、「販売不振」が最多で42件(56.7%)。以下、「既往のシワ寄せ(赤字累積)」14件(18.9%)、「設備投資過大」と「他社倒産の余波」が同数で5件(6.7%)だった。

◎東京商工リサーチ--「日本酒」メーカー倒産動向調査
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/2012/1219627_2004.html
http://news.goo.ne.jp/article/mycom/life/mycom_643488.html
(一部省略)

続きを読む »

スポンサーサイト

色々なお酒を使って梅酒たくさん漬けるよ

1:名も無き被検体774号+:2012/06/09(土) 14:33:48.76 ID:gL+h26r50
今年も梅酒の季節がやってまいりました
今回はいろんなお酒を使っていろんな梅酒を作ろうということで
用意した原酒の紹介もしつつ、梅酒作りの模様を書いていきたいと思います

今回準備したお酒たち
手前左から
  • タッフェル(アクアビット)
  • バカルディ ホワイト(ラム)
  • ボンベイサファイア(ジン)
  • スピリタス(ウォッカ)
  • トリスブラック(ウイスキー)
  • 瑞泉 古酒(泡盛)
  • 越後武士(日本酒)←分類ではリキュール
一番右奥はチョーヤ梅酒のボトルだけど、中身は去年自分で漬けたブランデー梅酒です

ちなみに、ちょうど3ヶ月ほど前に梅酒に使う酒についてびっぷらで質問した者です
そのときいろんなお酒のこと教えてくれた方々、その節は有難うございました

以下はその3ヶ月前のスレ(dat落ちしてます)
今年も梅酒を漬けるわけだが
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1331550891/

自家製の梅酒はおいしい

梅酒 今回はスレ主がiPhoneからの投稿ということもあって短文に区切ったレスだったので、読みやすいようにある程度レスを統合しています。
内容は変わりませんが、原文で読みたい方は記事の一番下に本スレのURLを記載していますのでそちらでお読み下さい。

梅酒については少し前に18年前の梅酒が出てきたという記事もありましたので、そちらもよかったらご覧下さい。
関連記事 : 18年前に漬けた梅酒が出てきた

続きを読む »

【週明け酒盛り】 月曜日は一人酒~♪

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 20:35:26.58 ID:8xwdQVQU0
こいよ!
34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:05:09.33 ID:gXJKkTM+0
昨日に続けて開けちゃうよ

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 20:33:32.26 ID:8xwdQVQU0
カンパーイ!!

続きを読む »

ノンアルコール飲料市場は3年前の10倍に成長、若者の味覚に変化

1:のーみそとろとろφ ★:2012/05/17(木) 23:37:38.18 ID:???
 ビール各社が、お酒風味のノンアルコール飲料の販売に力を入れている。
先駆けとなったビール風味の「ノンアルコールビール」にとどまらず、
カクテルやチューハイ、梅酒風味などを急速に拡大中だ。
お酒の気分を楽しみたい人が増えるとともに、
若者の味覚が甘党へ変化していることも背景にあるようだ。(須藤恵里)

 サッポロビールは今月、
チューハイ風味のノンアルコール飲料「すっきり果実のゼロ」を七月に発売すると発表した。
 ビール風味以外のノンアルコール分野では、
サントリーが昨年十月以降、カクテルとチューハイ風味の「のんある気分」を発売。
予想を上回る好調で、今年の販売計画を四割増やした。
アサヒビールの「ダブルゼロカクテル」も一~四月で販売が前年同期比三割増。
サッポロの参入によりビール大手三社が競争に入る。
 ノンアルコール市場は、三年前の十倍超と急拡大している。
当初は車の運転時など「やむを得ない時に飲むもの」だったが、
すでに「飲み会や家で、お酒を飲まずにお酒の気分を楽しむためのものに変化」(サントリー)しているという。
 さらに「苦味を好まない若者が増えた」(サッポロ)ことが、
ビール風味以外の商品の発売を後押しした。
今の二十代の若者は「子どものころから食事中でも甘いジュースを飲んで育った世代で、
味覚がいわば幼稚化している」(ビール大手幹部)との分析は各社とも共通だ。
 各社は「お酒らしさ」を再現するため、
独特の香りや苦味を調合してジュースとは一線を画す味の実現を目指している。
サントリー酒類の山田真二RTD部長は「若者のアルコール離れや、
高齢化でお酒を控える層が増えている。
お酒とノンアルコール飲料が共存共栄する時代が来る」とみる。
ビール大手で唯一、ビール風味以外の分野を出していないキリンビールは、
ノンアルコールビールの火付け役となった存在で、次の一手を検討中とみられている。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012051702000097.html

味覚に関するエトセトラ

ねこ教授 記事では若者が甘味を好み苦味を嫌う「味覚の幼稚化」について触れられていますが、今回はその味覚について少しお話をしましょう。
人間の舌には甘味、酸味、塩味、苦味、うま味5つが基本味が備わっていますが、この5つのうち苦味だけは苦い食べ物を食べた経験によってしか成長しないのです。
これが「苦味は大人の味」と言われる由縁で、逆に甘味は高カロリーの食品=ご褒美を感じるために何もしなくても幼児の頃から発達しています。
子供の頃から甘いものばかり食べて苦味のあるものを摂取しないと年をとっても川魚の肝やゴーヤなどのおいしさを理解できない「子供舌」なってしまいます。「それでもいいさ」という人もいるかも知れませんが、やっぱり苦い食べ物のおいしさが分からないのは人生でかなり損をしていると私は思うのです。

ニッスイさんが苦味に関する面白いページを作ってるので興味があればご覧下さい。 http://www.nissui.co.jp/academy/taste/04/02.html

続きを読む »

18年前に漬けた梅酒が出てきた

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/10(木) 23:00:52.10 ID:AOZlOHFc0
どす黒いんだけど大丈夫か?

続きを読む »

最近の記事
人気記事ランキング TOP 10
ヘッドラインNEWS
ブログパーツ
最近の記事
ブログ情報
このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
スポンサーサイト
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
リンクサイト
相互リンクサイト募集中!
 ⇒ こちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。